「十手」とかいう弱すぎる武器www

2019/02/19 カテゴリー: ネタ コメント: 1
 十手(じって、じってい、實手)は、日本の武器および捕具の一つ。30cm - 1mほどの鍛鉄・真鍮・鍛銀(打ち伸ばした銀)といった金属や、樫・栗などの堅牢な木でできた棒の手元に鈎をつけたものである。敵刃からの防御に用いたり、突いたり打つなどの攻撃、時には短棒術として用い犯人の関節を極める・押さえつける・投げるなど柔術も併用して制圧し捕縛に用いる。

 十本の手に匹敵する働きをすることから「十手」であるといわれている。流派によっては実手(正字では「實手」)という表記を使用する。十手を用いた武術を十手術(じってじゅつ)という。

歴史と用法

 江戸時代に陳元贇が十手(あるいは筆架叉)を日本に伝えたとする文献もあるが、室町時代中期あたりから十手術が登場する。室町時代後期から戦国時代にかけて兜割という刃が付いていない鉤を設けた刀状の捕具・武具が登場し、その系譜を継いで十手術とする見解もある。

 鉤で敵刃を絡め捕る用法の他、短棒術として相手の手足を絡め捕り柔へと繋げる絡め手により捕縛する十手術がある。江戸時代には対悪徒用の捕物用武具として江戸町奉行所の与力、同心に、また鑑札と共に捕り物の際の手伝いという名目で同心に仕える小者(誤って岡っ引、関八州では目明しとされることもあるが、この両者は非合法に雇われた者であり十手を渡されることはない。私物として無許可で鍛冶屋に作らせて持っていることはあった)に渡されていた。また、時代劇などで紫の房などをつけていたり、柄が太紐巻きで紐の先に房がついていることがあるが、紫房は恩賞などに用いる特別な物であり、本物の模倣が禁じられていた江戸時代の歌舞伎などでの演劇用小道具としての十手の名残である。持ち運び方も時代劇では帯に差しているが、実際は主に十手袋といわれる袋に入れ、懐に入れていた。これは十手が捕具であると同時に身分を証明するものであったため、紛失やスリなどによる盗難への用心のため、また張り込みや尾行の際には自身の身分を隠す必要もあったからである。

 もっぱら与力以上の役職は直接捕り物の組討ちに参加せず、同心は捕具としての実用よりも指揮用に十手を持っていたために鉤は付いておらず打刀の拵えのような鍔をはめたもの、自費製作で真鍮嵌め込み(象嵌)や打ち出し、銀打ち出しや銀箔・銀塗り・象嵌、漆かけや螺鈿で装飾した凝った拵えのものが時々見られる。
3: < ID:yLc7yZ8z0.net >
パリィ用だろ
4: < ID:3mAzTy2na.net >
普通に制圧武器としては強いんやで
1001: < オススメ記事を紹介します >
6: < ID:ydauD9yR0.net >
つよくね?
7: < ID:i+b7jnR60.net >
防御攻撃兼用やぞ
8: < ID:BRHpNGXxa.net >
でも眼球は抉れそうじゃん?
9: < ID:yOLLkOWW0.net >
相手の刀を絡めて取り上げる道具やろ?
11: < ID:yLc7yZ8z0.net >
すもやん!
13: < ID:GC4NLxeiD.net >
サスマタは有能なんやけどな
15: < ID:7s1/BJ1O0.net >
警棒みたいなもんやろ
18: < ID:osm6KUGl0.net >
警察手帳代わりやろ
19: < ID:V7FYQwqW0.net >
対刀用やろ
22: < ID:aB2ylFwN0.net >
鬼平見たら棒も使っとるやん
24: < ID:V/ukCEYT0.net >
刀捕らえる言うけどこんなしょぼいので刀持っとるやつに立ち向かえるか?
33: < ID:Qv3uBk3md.net >
>>24
ないよりはマシやろレベルだけどな
基本十手は町人が持たされるもんで侍の相手は侍がする
25: < ID:IE+za+Rq0.net >
サスマタは絶対強い
27: < ID:7KfWaJL80.net >
相手の突きは防げないよね
42: < ID:UqeGZM0G0.net >
>>27
上から叩いて軌道をそらすんやで
ソースは銭形平次
32: < ID:nik1VuOC0.net >
ゲームだと相手の攻撃受け流すとか優遇されてる
23: < ID:Xx7D7mpWa.net >
もくもくしちょる
46: < ID:UPlQ/HOA0.net >
鉄の棒で殴るだけで攻撃力充分だぞ
刃物とかオーバースペック
47: < ID:uzt8XotL0.net >
言って金属の棒で重量ソコソコあるから殺傷能力は高いで
55: < ID:QnBzL21ma.net >
マインゴーシュとかソードブレイカーみたいなもの
1001: < オススメ記事を紹介します >
スポンサードリンク

コメント

1 : あえて名無し  2019年02月19日 12:26  このコメントへ返信

サイですか

コメント欄のコメントに返信の際は「※(こめ)+数字」でお願いします。(例:※7)
誹謗中傷などのコメントはお控え願います。

スポンサードリンク