『猫の恩返し』ってもっと評価されてもいいよな

2019/01/12 カテゴリー: アニメ コメント: 0
『猫の恩返し』(ねこのおんがえし)は、森田宏幸監督によるスタジオジブリのアニメーション映画である。2002年に『ギブリーズ episode2』と同時上映で公開。

概要
 スタジオジブリの作品『耳をすませば』の主人公である月島雫が書いた物語という位置づけのスピンオフ。猫の男爵バロンとムーンが2作に共通して登場する。宮崎駿のリクエストをうけて柊あおいが描き下ろしたコミック『バロン 猫の男爵』を原作とする。 『耳をすませば』の直接の続編ではないが「月島雫が書いた物語」という位置づけであるため、実質的には続編に近く「続編は作らない」という方針を採るジブリが試みた唯一の作品である。
 バロンの声を担当する声優は主人公とのバランスを考慮し、『耳をすませば』の露口茂から袴田吉彦に変更された(監督曰く「若々しい感じを出したかった」とのこと。もっとも、制作時点で既に露口は芸能活動を休業している状態だった)。また、『耳をすませば』で月島雫の声を担当した本名陽子が、クラスメイトのチカ役を担当している。
 キャッチコピーは「猫になっても、いいんじゃないッ?」(糸井重里)。
 日本国内の興行収入は64.6億円で2002年の邦画1位[3]、DVDとVHSを合わせたビデオグラム出荷本数は2007年5月時点で72万本。
1: < ID:kmUKIeDa0.net >
キャラクターいいし
主題歌も声優もあってるやろ
1001: < オススメ記事を紹介します >
2: < ID:8rqtHfa20.net >
評価してるけど
3: < ID:c+Z6e54P0.net >
ワイは好きやで
4: < ID:UiFM/DYX0.net >
主題歌だけで泣ける
8: < ID:opK6OYq10.net >
女の子が可愛くない
9: < ID:X9uAJqcS0.net >
>>8
ふざけんな
87: < ID:ICnUa4dY0.net >
>>8
かわいいわ
10: < ID:7HnK5TTR0.net >
バロンはジブリ一のイケメン
11: < ID:HXnW+eyq0.net >
かなり好きだわ全体的にかわいいし
気楽に見れて後味爽やか
17: < ID:01gbeJI10.net >
猫耳ハルちゃんはジブリ屈指の可愛さ
18: < ID:kmUKIeDa0.net >
話おもしろいやん
重々しくなくていい
26: < ID:iQ+BfL3q0.net >
耳をすませばのように視聴後気分が悪くなったりしないのがいい
29: < ID:kmUKIeDa0.net >
>>26
耳をすませばはリア充映画だからな
33: < ID:zcFadtmc0.net >
ジブリが作った萌えアニメ
40: < ID:jvj4MjVP0.net >
個人的にはトップを争うほど好きだけど
世間的には千と千尋の後だから知名度低いのは仕方ない
43: < ID:bSobCJR30.net >
ジブリで一番好き
44: < ID:8XehVp7a0.net >
雰囲気はパヤオ作品除くと最高にいいんだけど
肝心の中身がもうひとつ残念なんだよなあ
45: < ID:MCXS/1lC0.net >
あれでケモナーに目覚めたからなんか複雑
67: < ID:gStidZVt0.net >
猫の恩返しは好きだな
世界観がちょうどいい
78: < ID:RMNGS08s0.net >
主題歌
キャラクター
声優
ストーリー
テンポ

全部いいと思います
90: < ID:i6pijN/D0.net >
2002年という現実
1001: < オススメ記事を紹介します >
スポンサードリンク

コメント

コメント欄のコメントに返信の際は「※(こめ)+数字」でお願いします。(例:※7)
誹謗中傷などのコメントはお控え願います。

スポンサードリンク