三大アンチが多いガンダム「種死」「00」あと一つは?

2018/12/13 カテゴリー: ガンダム/ロボット コメント: 0
1: < ID:ePiKJfK00.net >
これはGレコ
2: < ID:Q1dwl/+h0.net >
ZZ
4: < ID:LCpIQHbY0.net >
止まるんじゃねぇぞのやつ
6: < ID:2DWgBzsJ0.net >
ターンエー
7: < ID:fbWm2a3H0.net >
00はもう最近はむしろVIPですら肯定的だな
種死、AGE、鉄血の三強
1001: < オススメ記事を紹介します >
8: < ID:XU9OOb990.net >
種死はレジェンド入りしたからノーカンでAGE、Gレコ、鉄血じゃね
10: < ID:Md7lzRAId.net >
鉄血ってそもそも視聴率から低いから
ファンもアンチも少ない
11: < ID:HXmk9aIIa.net >
Gレコはそもそも誰も見てなくてアンチも少なくね
あれテレビでも有料チャンネル限定だったんだろ?
地上波でやった?
32: < ID:NSBZHiMI0.net >
>>11
BSでやった つまらなくて投げたけど
12: < ID:HXmk9aIIa.net >
00アンチとかたまに生き残りがいるけどもう全然みねえな
14: < ID:LEXh4QW7a.net >
種と種死別扱いなの?
むしろ種の方がないわ派なんだけど
15: < ID:c7dbwJ6P0.net >
Gレコは富野憎しの連中に噛みつかれまくってる
実際に見てみると(ストーリー理解出来る能があれば)面白い
16: < ID:SW7yhW1oM.net >
鉄血は演出とかメカデザとかがかっこいいから未視聴層からの人気がすごい作品
21: < ID:D4rPKrxa0.net >
00は映画の賛否が凄そう
27: < ID:Md7lzRAId.net >
種死とダブルオーがアンチの数最も多いのは事実だろうけど、Vガンとか目も当てられない作品はどうなんだろ
むしろアンチは見てないくらいのレベルか
28: < ID:88G0NurY0.net >
AGEはもう完全ダンボール戦機のノリでやってた感がある
30: < ID:i4rBrB6hM.net >
AGEは序盤で切った奴が多すぎてそこまで熱心なアンチはいないイメージ
34: < ID:fbWm2a3H0.net >
鉄血2期の勢力トップが全員アホになる展開は斬新だった
シリアスな笑い作品としてみると楽しめる
笑ってみろ
37: < ID:Md7lzRAId.net >
ビルドファイターズはアンチ少ないよな
41: < ID:88G0NurY0.net >
>>37
無印は面白かった
問題なのがその後
47: < ID:i4rBrB6hM.net >
めちゃめちゃガンダム雑食な俺も鉄血の4クール目は擁護できない
60: < ID:jagFBGiH0.net >
アンチが多いのは種死Gレコ鉄血だろ
言ってることがまっとうかは別として
62: < ID:8R6zFfT2d.net >
新作が出る度に以前の新作は徐々に許されていく傾向があるのに未だに叩かれる種死は格が違うな
64: < ID:Md7lzRAId.net >
Gレコとかそもそも5chでも滅多に話題にならないレベルだしアンチもめちゃ希少種
種死とダブルオーみたいなレベルはほかにないと思う
66: < ID:L2VqZfUud.net >
Gレコストーリーも別に酷くはなくてひたすら空気な感じだったしアンチに火を着けるほどの燃料にはならない気がする
74: < ID:RLoxnDVf0.net >
AGEは当時相当叩かれはしたけど沈静化するのも早かったな
82: < ID:WSpaPuLS0.net >
UCとかもじゃね
84: < ID:WSpaPuLS0.net >
基本的に最近のガンダムすべてにおいてアンチ一定数いるだろ
86: < ID:6Q/jrD4dp.net >
>>84
アンチのいないガンダムなどない、が正しい
1stにすらアンチはいる
87: < ID:LpiOb8SQ0.net >
ガンダムに限らずアンチのいない作品は知られてない作品だけなんで
92: < ID:m6tHc0Ct0.net >
鉄血はネタ厨とアンチが大半で純粋なオタいなそう
93: < ID:nBEHkBXPa.net >
放送当時はWも多かったそうな
94: < ID:LEXh4QW7a.net >
鉄血って映画でやってたらすげー名作になった気がする
1001: < オススメ記事を紹介します >
スポンサードリンク

コメント

コメント欄のコメントに返信の際は「※(こめ)+数字」でお願いします。(例:※7)
誹謗中傷などのコメントはお控え願います。

スポンサードリンク