1: < ID:klZeqs/4d.net >
これだからゆとりは
2: < ID:f7EI7LTPE.net >
プルートな
3: < ID:ASkm30AM0.net >
アガサ博士
4: < ID:84k/oks00.net >
手塚治虫!
7: < ID:T1VBsLLRa.net >
御茶ノ水じゃない博士
8: < ID:dXg6GPVbd.net >
水道橋博士
10: < ID:l9dgLh450.net >
お茶の水博士と見せかけて天馬博士
12: < ID:RdVsEcvXp.net >
てんm....Dr.天馬(ペガサス)
13: < ID:z2oja6En0.net >
ゆがみ博士だろ
14: < ID:Y9QvGNMl0.net >
わしじゃよ
1001: < オススメ記事を紹介します >
18: < ID:L45H7Krnp.net >
アガサだろ余裕
20: < ID:mWVsHUhd0.net >
あれお茶の水博士じゃないのか
22: < ID:RFuqcZQrp.net >
ライト博士だろ
24: < ID:eCwPZGSm0.net >
オーキド博士
25: < ID:TpvSVGfwM.net >
ペガサス博士!
28: < ID:mW6mIkIxp.net >
Dr.ワイリー
29: < ID:IgDHcGkv0.net >
お茶の水博士ちゃうの?
30: < ID:WCvblfus0.net >
別にリメイクしてたし若い奴でも知ってるだろ
32: < ID:h1Lzweqkr.net >
オダマキ博士
38: < ID:o9sHx85Ep.net >
アストロボーイのOP神
39: < ID:XYKfXW5L0.net >
ボルガ博士
40: < ID:idSJy3Tt0.net >
アキハバラ博士
41: < ID:XBEFcTyz0.net >
天馬博士が作ったのは飛男ロボット
44: < ID:FW236OZjE.net >
両国博士
46: < ID:H0g1WPO0p.net >
水道橋
47: < ID:dALuMNCt0.net >
葉加瀬太郎
50: < ID:FrhrqhTp0.net >
MONSTERのテンマって何か関係ある?
55: < ID:m1GqREqfd.net >
>>50 プルートゥ繋がり
56: < ID:LYkX6L740.net >
ばいきんまん
57: < ID:v2KgnJM90.net >
ダイジョーブ博士
59: < ID:ePxTMsgs0.net >
スランプ博士
61: < ID:gFwtJH+qK.net >
のりまきせんべえ
69: < ID:ayMyptJa0.net >
サーカスに売られてお茶の水博士に引き取られるという人間くさいエピソード好き
70: < ID:HqQbdUso0.net >
ワシじゃよ
72: < ID:jPmatwD1a.net >
フランケン博士だろ?
アトム
声 - 清水マリ(第1・2作)、田上和枝(清水マリの産休の代理で第1作97-106話のみ)、津村まこと(第3作)、上戸彩(ハリウッド版)
 アトムは初登場の作品である光文社の雑誌「少年」連載の漫画『アトム大使』では脇役だった。その作品自体の人気も今ひとつであったが、『少年』編集長の金井武志は「弱さや人間らしい感情のあるロボットを主人公にすれば読者に受け入れられる」と手塚に提案し、アトムを主人公として設定を少し変更した上で描かれたのが本作である。アトム大使連載最終回には、次号からは「鉄人アトム」がはじまりますと 予告されていたが「鉄腕アトム」になった。
 原作の公式設定では、2003年4月7日がアトムの誕生日とされる。製作者は天馬博士。交通事故死した博士の息子の「天馬飛雄」に似せて作られ、当初は「トビオ」と呼ばれていた。 トビオは、人間とほぼ同等の感情と様々な能力を持つ優秀なロボットであったが、人間のように成長しないことに気づいた天馬博士はトビオをサーカスに売ってしまう。サーカスにおいて団長に「アトム」と名付けられる。やがて法律が制定されて感情を持つロボットに対して人間と同等に暮らす権利が与えられるようになると、アトムの可能性に着目していたお茶の水博士に引き取られた。そして情操教育としてロボットの家族と家を与えられ、人間の小学校に通わされるようになる。学校での生活は、同級生達と紆余曲折しながらも仲良くやっている。
1001: < オススメ記事を紹介します >
スポンサードリンク

コメント

コメント欄のコメントに返信の際は「※(こめ)+数字」でお願いします。(例:※7)
誹謗中傷などのコメントはお控え願います。

スポンサードリンク