1: < ID:7jp9KvOO0.net >
大体どのゲームでも同じ模様
 真田 信繁(さなだ のぶしげ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。真田昌幸の次男。通称は左衛門佐で、輩行名は源二郎(源次郎)。真田 幸村(さなだ ゆきむら)の名で広く知られている。

 豊臣方の武将として大坂夏の陣において徳川家康の本陣まで攻め込んだ勇敢な活躍が、江戸幕府や諸大名家の各史料に記録され、「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評されるなどした。後世、そこから軍記物、講談、草双紙(絵本)などが創作され、さらに明治-大正期に立川文庫の講談文庫本が幅広く読まれると、真田十勇士を従えて宿敵である家康に果敢に挑む英雄的武将というイメージで、庶民にも広く知られる存在となった。


「真田幸村」の由来

 「真田幸村」の名が広く知られているが、諱は「信繁」が正しい直筆の書状を始め、生前の確かな史料で「幸村」の名が使われているものは無い。信繁は道明寺の戦いで勇戦した家臣6名に対して、将棋の駒型の木片に戦功を書き記した感状を与えている。「繁」の字の下半分に花押を重ね書きする信繁の書き癖から翻刻された際に「信仍」「信妙」と誤写されているが、花押の形が信繁のものであると断定でき、死の前日まで「信繁」と名乗っていたことが確認できる。また、幸村と署名された古文書は2通現存しているが、いずれも明らかな偽文書で、信繁が幸村と自称したことの証明にはならない。

 「幸村」の名が見られるようになったのは夏の陣が終わってから60年近く経った、寛文12年(1672年)に刊行された軍記物の『難波戦記』がその初出であるとされる。『難波戦記』では昌幸の次男「左衛門佐幸村」や「眞田左衛門尉海野幸村」との名乗りで登場するが、前述のようにこの名乗りを実際に使用した形跡はなく、大坂入り後の書状でも「信繁」を用いている。

 しかし「幸村」という名前にも説得力があった。「幸」は真田家や(真田家の本家にあたる)海野家の通字であり、また「村」については徳川家に仇なす妖刀村正が由来に利用された。俗説ではあるが、村正は幸村の佩刀であったとか、介錯に村正が用いられたとかいう話がある。もちろんこれらは誤伝であるが、話に尾ひれがついたことで「幸村」の名は元禄時代には広く知られていた。 そのため、元禄14年(1701年)に書かれた『桃源遺事』(徳川光圀の言行録)では既にもう、編集者の三木之幹、宮田清貞、牧野和高らがわざわざ、幸村は誤り、信仍が正しいと書き記したほどである(もっとも、信仍というのも誤っている)。

 時代が下るにつれて「幸村」の名があまりに定着したため、江戸幕府編纂の系図資料集である『寛政重修諸家譜』や兄・信之の子孫が代々藩主を務めた松代藩の正式な系図までもが「幸村」を採用した。 松代藩が作成した系図の『真田家系図書上案』では信繁だけだが、『真田家系譜』になると幸村が現れる。大坂夏の陣から200年近く後、文化6年(1809年)、徳川幕府の大目付から「幸村」名についての問い合わせを受けた松代藩・真田家は、「当家では、『信繁』と把握している。『幸村』名は、彼が大坂入城後に名乗ったもの」との主旨で回答している。

 篠原幸久は論文で、武田信玄の同母弟に典厩信繁がおり、難波戦記の作者らには真田信繁の活躍を描く効果上、その旧主家一門の著名な同名者の呼称を避ける意図があり、信繁の名乗りが否定されて幸村が案出されたのであろうと主張する。
1001: < オススメ記事を紹介します >
2: < ID:SgtLEeHF0.net >
実は歯抜けジジイ
4: < ID:9pYUtXRWa.net >
真田幸村って名前はくそかっこええよな
7: < ID:pLRIfeTVa.net >
兄貴に金と酒をせびるクズ
38: < ID:zsPRtYYrK.net >
>>7
酒がこぼれとるから蓋をしっかりしろと怒りの手紙
45: < ID:yoZVgPYD0.net >
>>38
お兄ちゃん怒りの寿命消費
18: < ID:lQdMoyGD0.net >
本人はともかく親父も過大評価されすぎやろ
23: < ID:WeMK+60qd.net >
アッニ影薄くてかわいそう
27: < ID:bkxHnXnc0.net >
真田幸村とかいう有名な割に大阪の陣まで何してたか欠片も知らない武将
36: < ID:Pog9nnWf0.net >
>>27
何もしてないのが真田丸でバレたからね
他人の手柄を自分の手柄のように主人公ヅラしとった
37: < ID:3Qs/MiSa0.net >
>>27
真田丸で頑張った
遅刻して又兵衛孤立させた
最後に特攻かました
35: < ID:pLRIfeTVa.net >
真田丸ははよ大坂編撮り直せよ
46: < ID:3Qs/MiSa0.net >
映画の真田十勇士の玉木幸村良かったわ
48: < ID:UrdIFzr1a.net >
実は実戦経験なしの頭でっかちで使ってた武器が短銃なんやろ
49: < ID:s8OPislk0.net >
肖像画はハゲチョビヒゲ
51: < ID:2yafI9rK0.net >
なんでまた右府公に殉じちゃったの
55: < ID:3Qs/MiSa0.net >
>>51
そこしか就職先がなかったから
56: < ID:4ErroyCE0.net >
何がどう兄より優れていると思っていたのか
63: < ID:/JF9gkVLd.net >
真田十勇士がいて普通に勝った徳川すごいってならずに

徳川側にファンタジー要素増えなかったのはよくわからん
1001: < オススメ記事を紹介します >
スポンサードリンク

コメント

コメント欄のコメントに返信の際は「※(こめ)+数字」でお願いします。(例:※7)
誹謗中傷などのコメントはお控え願います。

スポンサードリンク