1: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
簡潔に、分かりやすく訳していくやで~
何分数があまりにも多いもので、
全ての秀歌を網羅するスレではないという事をご了承しちくり~
2: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
あかねさす紫野行き標野行き野守は見ずや君が袖振る

そんなに紫草の野と標野を往復なさって、野の番人が見てしまいますわ。貴男が袖を振っていらっしゃるのを。
『万葉集』(まんようしゅう、萬葉集)は、7世紀後半から8世紀後半にかけて編まれた日本に現存する最古の和歌集である。天皇、貴族から下級官人、防人などさまざまな身分の人々が詠んだ歌4500首以上集めたもので、成立は759年(天平宝字3年)以後とみられる。

日本文学における第一級の史料であるが、方言による歌もいくつか収録されており、さらにそのなかには詠み人の出身地も記録されていることから、方言学の資料としても非常に重要な史料である。

また、日本の元号史上初めて日本の国書から選ばれた元号「令和」は、この万葉集が出典である。

書名の由来
 『万葉集』の名前の意味についてはいくつかの説が提唱されている。ひとつは「万の言の葉」を集めたとする説で、「多くの言の葉=歌を集めたもの」と解するものである。これは古来仙覚や賀茂真淵らに支持されてきた。仙覚の『万葉集註釈』では、『古今和歌集』の「仮名序」に、

    やまとうたは人の心をたねとしてよろづのことのはとぞなれりける

 とあるのを引いている。ただし、『古今集』の成立は『万葉集』よりも時代が下るので、この語釈が『万葉集』成立後にできあがったものという可能性も否定できず、そのまま『万葉集』の由来としてあてはめることには疑問もある。

 そのほかにも、「末永く伝えられるべき歌集」(契沖や鹿持雅澄)とする説、葉をそのまま木の葉と解して「木の葉をもって歌にたとえた」とする説などがある。研究者の間で主流になっているのは、『古事記』の序文に「後葉(のちのよ)に流(つた)へむと欲ふ」とあるように、「葉」を「世」の意味にとり、「万世にまで末永く伝えられるべき歌集」ととる考え方である。

万葉集画像
1001: < オススメ記事を紹介します >
3: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
紫草のにほへる妹を憎くあらば人妻故に吾恋ひめやも

紫草のように、匂い立つばかりにお美しい貴女を憎く思っているならば、
どうして貴女が他人の妻だからといって、私がこんなに貴女に恋い焦がれる事があろうか。
4: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
いにしへの人に吾あれや楽浪の古き都を見れば悲しき

私は古代の人間なのだろうか。滋賀の旧都を見ると、わけもなく悲しくなる。
12: < ID:c1UcVP+r0NIKU.net >
>>4
良いな、これ
6: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
英虞の浦に船乗りすらむをとめ等らが珠裳の裾に潮満つらむか

伊勢湾の浦に船に乗り込む乙女たちの、珠のように美しい裳裾に潮がかかっていることだよ。
7: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
葦べ行く鴨の羽がひに霜降りて寒き夕べは大和し思ほゆ

葦の間を行き交う鴨の羽の根元に霜が降りるような、このように寒い夕べには、大和の国が偲ばれることだ。
8: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
吾はもや安見児得たり皆人の得がてにすとふ安見児得たり

私は、皆のアイドルを手に入れたよ。世の人皆が求めて得られぬ、アイドルを手に入れたよ。
10: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
磯の上に生ふる馬酔木を手折らめど見すべき君がありと言わなくに

岩の上に生えている、アセビを手折っては見るものの、それが何になりましょう。
この花を見せるべき貴男は、もうこの世にいらっしゃらぬと言うのに。
11: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
石見のや高角山の木の間よりわが振る袖を妹見つらむか

島根の、高角山の木々の間より、私が袖を振っているのを、愛しい妻は見ただろうか。
15: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた帰り見む

磐代の浜に生えている松の枝を結んだ。私の身に何事もなければ、帰りにこの枝をまた見よう。
16: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
北山につらなる雲の青雲の星離りゆき月も離りて

北山に続く青い雲が、どんどん明けて、晴れてゆく事ですわ。星が消え、月も沈んでいくのですもの。
18: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
あかねさす日は照らせれどぬばたまの夜渡る月の隠らく惜しも

日が昇るのは嬉しいが、真っ暗な夜をかけて行く月が隠れてしまうのが、惜しい事だ。
21: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
大宮の内まで聞こゆ網引きすと網子ととのふる海人の呼び声

宮中にまで聞こえる事だ。「網を引くぞ」と、網を引いては整えている漁師たちの呼び声が。
22: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
田児の浦ゆうち出でて見れば真白にそ不尽の高嶺に雪は降りける

田子の浦を経由して、浜に出ていて見たらば、真っ白に富士山の高い峰に雪が降り積もっている。
24: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
吾妹子が見し鞆の浦の室の木は常世にあれど見し人ぞ亡き

愛しい妻が見た、鞆の浦の榁の木は変わらず存在しているが、木を見た妻はもうこの世の人ではないことだ。
25: < ID:M6As4sBCdNIKU.net >
古典常識がないとただ現代語訳されてもようわからんな
28: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
妹として二人作りし吾が山斎は木高く繁くなりにけるかも

妻と一緒に、二人で作り上げた私の庭は、木々が高く育ち、茂るようになったことだ。
30: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
妹が見し楝の花は散りぬべし我が泣く涙いまだ干ひなくに

妻が見た栴檀の花は、もう散ってしまった事だよ。私が妻を思って流した涙が、まだ枯れぬというのに。
32: < ID:M3JclouL0NIKU.net >
現代語訳だけ見るとぐう凡
33: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
福のいかなる人か黒髪の白くなるまで妹が声を聞く

どれほど幸福な人であろうことか。黒髪が真っ白になるまで年老いて、なお奥方が健在で、その声を聞くことができる人は。
35: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
春の野に菫採みにと来し吾ぞ野をなつかしみ一夜宿にける

春の野に、スミレを摘もうとやってきた私は、スミレの花咲く野に心惹かれたので、そこで一晩夜を明かした事だよ。
36: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
夏山の木末の繁にほととぎす鳴き響むなる声の遙けさ

夏を迎えた山の、梢に、ホトトギスがしきりに鳴く声が響いている、その声の遠い事よ。
39: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
夕月夜心も萎に白露の置くこの庭に蟋蟀鳴くも

月の明るい夕べ、心がしおれることだ。白露が下りている、この庭にこおろぎが鳴くのを聴くと。
44: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
吾背子と二人見ませば幾許かこの零る雪の嬉しからまし

愛しい夫と一緒に二人で見る事ができたならば、どんなにか、この降り積もる雪が嬉しい事でしょうか。
47: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
朝にゆく雁の鳴く音は吾が如くもの念へかも声の悲しき

朝、飛んでゆく雁の鳴き声を聴くと、雁も私のようにもの思いに沈んでいると思われる。鳴き声があまりにも悲しいから。
51: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
吾背子が来べき宵なりささがにの蜘蛛のふるまひかねてしるしも

愛しい夫が、いらして下さる夜だわ。蜘蛛がそのようにふるまって、このように予兆があるのですもの。
52: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
筑波嶺に雪かも降らる否をかも愛しき児ろが布乾さるかも

筑波山の峰に、雪が降ったのだろうか。いや違う、愛しい女の子たちが真っ白な布を干しているのだ。
60: < ID:GwrUw6C0rNIKU.net >
>>52
これ女の子というより男の子やないんかな
でも爽やかで好きやわ
53: < ID:2m0tcSsA0NIKU.net >
おもしろき野をばな焼きそ古草に新草まじり生ひは生ふるがに

趣深い野に、火を放たないでおくれよ。去年生えた草に交じって今年の草が生えているのが、とても魅力的だから。
68: < ID:ImUDgDzg0NIKU.net >
ワイ無教養イマイチ心に響かず死亡
次は漢文でやってクレメンス
76: < ID:oxNTWrBn0NIKU.net >
>>68
漢文の方がハードル高いやろ
69: < ID:tOAbXMzM0NIKU.net >
昔の人の隙あらば歌詠んでいくスタイルわりとすき
70: < ID:C3IKCJtt0NIKU.net >
やっぱ今も昔も感性は変わってないんやなって
1001: < オススメ記事を紹介します >
スポンサードリンク

コメント

コメント欄のコメントに返信の際は「※(こめ)+数字」でお願いします。(例:※7)
誹謗中傷などのコメントはお控え願います。

スポンサードリンク
>